2001.3.31 1st 第3節

3/31
雪上がりの夜空に

気の迷い って有りますよね


春が来て 

桜が咲いて 

ファーストステージも第3節ともなれば そろそろエンジンも暖まってきたころ

ケニョールさん ケニョリー太さんも 

  海辺で美味しいビールを桜を見ながら飲みたいなー

なんて思うわけです

前々日までの天気予報はもちろん
  晴れ でした






それがどうして

吹雪の中でサッカーを見ることになるんですか? 

  
 痛すぎます



まだ試合は始まってないけど
 

もう一刻も早く帰りたい

あたたかいところでお酒を飲みたい




もちろんビールなんて飲めないですよ


どうして うわさの タンドーリチキンとカレー&ナンセットとジェフコロッケを買って

傘を差したまま 食べなきゃならないんでしょう?

いや美味しかったですけど   タンドーリチキン   ナンもその場で焼いてくれるんですよ

本当にここはサッカー場なんでしょうか



いえ 総合運動競技場でした (寒)












ケニョールさん ケニョリー太さんは 柏寄りのバックスタンド

   と言っても 5段くらいしかないんですけど

にいました

 ケニョリー太 「今日は 
ブリーフ隊 出るかな」

 ケニョール  「まさか 
          もしやったら 
一生尊敬するよ」 





もちろん ブリーフ隊は 出ませんでした

肺炎になって死なれでもしたら

クラブだって後味悪いですよ





♪いつものよ〜に〜 きめてぇー ぶっとばそうぜぇー♪

おや 新曲でしょうか

柏側のゴール裏から なつかしのRCサクセションです

そうです 早く決めてください 

早く帰りたいです



うしろには 

その日はじめて サッカーを見に来たらしい 地元の若いカップルがいました

始まる前から楽しそうです



 女 「柏の応援は声が揃ってるねー すごいねー さすがだね」

 男 「でも
浦和の応援は こんなもんじゃないらしいよ」

 女 「一度 駒場ってところに 行ってみたいねー」



やめた方がいいです


出島で辛い思いをするだけです(泣)






試合が始まりました

柏が一方的に攻め込んでいます

開始9分で大野のゴール

大野は開幕以来 ずっと調子が良いようです

ほっぺを赤くして走り回っています



 ケニョール   「すごい 今日は 5―0 くらいで勝つぞ」

 ケニョリー太  「前半2点取ったら 帰ろう」



とにかく 寒いんです

早くも傘を持つ手がかじかみ スニーカーから雨が染み込んでいます




と言ってる間に 2点目が入りました 黄善洪兄さんです

 ケニョール  「こないだの
フランスみたいだねー」

 ケニョリー太 「うむ  後は
キタジの得点だけだ そしたら帰ろう」









しかし

この二人の思惑が外れて とんでもない展開になったのは

皆さんご承知のとおりです




キタジは

得点する前に交替させられてしまいました


♪どうしたんだ HEY HEY baby


キックオフ前のRCは 

このことを予言していたのでしょうか

♪この雪にやられて エンジンいかれちまった

のでしょうか(寒)




ケニョールさんの体はすでにガクガク震えています

延長戦に突入することが決まった時

 ケニョール  「どうするぅ?(寒)」

 ケニョリー太 「もう帰ろうかなぁ(疲)」







しかし ここで帰って 

スーパーサッカーを見たら 

 負けていた 

などとなっていたら

そりゃ 口惜しいですよ 



ですので

もうしばらく付き合うことにしました




いつも間にか 雪はやんでいました 
でも寒いのには変わりないです







延長前半8分 

洪明甫大先生のロングフィードを
うまくトラップしたにゃおきのシュートが
見事にゴールしました



勝った喜び

寒さから開放される喜び



というものは 

とても良いものです





席を立とうとした 次の瞬間 
見慣れないものを 目にしました



Vゴールを決めた にゃおきが

そのまま柏のゴール裏へ向かって 一直線に走っていったのです


看板も飛び越えて

客席の柵まで行ったにゃおきは

もちろん サポーターに
 もみくちゃ にされています




嬉しかったんだね  にゃおき

リーグ戦でのゴールは 
久しぶりだもんね  にゃおき





クールなハンサムかと思っていたら

こんな
熱いヤツだったとは




この瞬間だけ

寒さを忘れてしまいました




ゴールする喜び

ゴールを見る喜び



というものは 

本当に良いものです









今回は
「侍魂」風にお送りしてみました



<戻る>